歯科相談Q&A

- 虫歯Q&A -

2本の根が腐りかかっております。

ご相談内容
左下奥歯に問題があります。7-8年前に金を被せていただきましたが、その後2本の根が腐りかかっております。 どのような治療法がありますでしょうか。
東京都男性60代 無職


ご相談のメールありがとうございます。
お話だけでは詳しいことがわかりませんので、ごく一般的に回答いたします。
治療法としては、大きく分けて二つです。
・ 根の治療をし直す。
・ もうご自分の根はあきらめる。
両方ともその後はどうするかについて、いろいろありますし結果も違ってきますから、治療を始める前に、ご自分にあった方法を選んでいかなければなりません。
☆ まず、正しい治療の選び方をお話しましょう。
歯の治療の基本的な知識を手にいれ、専門家と医学的な裏づけのある相談をしながら、最後はご自分の気持ちを大切な基準として選ぶことです。
歯科医師だけに任せていては後悔につながりやすいものです。
基本的な考え方は二つしかありません。
初めに、考え方の分かれ道を選び、さらに具体的な治療方法の分かれ道を順序良くたどれば、どなたでも必ず一番良い治療にたどり着きます。
われわれ専門家は将来の見通しも説明できますし、その正しい治療の選び方のベストな道案内ができます。
殆どの方にとって、お独りで決めては後悔のくりかえしにつながり、結局最後には何もかも失ってしまうことが多いものです。
治療した金などの物、せっかく考えて選んだ治療にかけた、時間、手間、苦労、お金、そして歯そのもの、(さらに実際はなかなか皆さんお気づきになりませんが)、繰り返し削り・神経や歯を抜いたために体や気持ちの健康という一番大きなものを失っていらっしゃいます。
考え方が大切ですから治療しなくてもかまいません、かならず何でもご相談ください。
☆ 基本的な考え方
治療の目的をはっきりさせましょう
・ いま、痛みを止めたい・穴を埋めたいだけ
・ 痛み・穴を治すだけでなく、もう嫌な思いは終わりにしたい
それぞれ長所と欠点があります。
<長所>
・ その場は、早く・簡単に・楽に・安く、終わる
・ 根本的に解決する。
一生自分の歯が残る。
口の中のことを忘れられる。
心身の健康まで維持増進できる。
長期的に考えれば、結局は得をする。
<欠点>
・ 繰り返しがとめられないばかりかドンドン大掛かりになっていく。
いつも、削る・妥協的・一方的。
だんだん歯が無くなり、総入れ歯になっていく。
大切な心身の健康を失っていく。
・ 複雑で難しいハードルを越えなければならない。
専門家と協力し合えなければ、一人では絶対に無理。
手間・暇・費用がかかる。
今までとガラリと変えなければならず大変。
☆ さて、*****さんの今お困りのことや、目的はなんでしょう。
そこからお進みください。
・は起きてしまってから始めます。
特に今お困りでなければ、健康上は問題がありますが、すぐ治療の必要はありません。 
・であれば、将来のためですし、悪くなってからは取り返しのつかないことも多いので、必要な目的があれば後悔を重ねないように、痛くなくても・穴が無くても悪くなる前に始めなければなりません。
☆ 具体的な治療法をお話しましょう。
両方の考え方を選んだ後は、次の二つから選びます。
治療方法としては両方の考え方とも一見同じですが、考え方により治療内容や結果は全く違ってきます。
・ 根の治療が成功すれば、またかぶせ物を作ります。
後はかぶせ物の種類が保険を含めていろいろありますので、ご相談の上で選んでいただきます。
迷っていれば後で変えてもかまいません。
・ は根を抜く。
その後の選択は5通りです。
何も選ばないと、 1)、を選んだことになります。
一つを選んだ後で他に変えることも変えることもできます。
ただ、それは繰り返す欠点が増えるので、治療効果は落ちていきます。また、欠点は全部積み重なっていきます。
1)抜いたままで終わり、何も入れない
2)入れ歯にする
3)ブリッジにする
4)インプラントにする
5)近い将来できるようになる再生医療を待って、歯をもう一度生やす
その詳しい内容は、当院のHPをご覧ください。
お分かりいただけましたでしょうか?
痛くない時にはじっくりと検討できます。
なんでもお尋ねください。
国際ビル歯科 相良俊男

歯科相談Q&A TOP >>