歯科相談Q&A

- 虫歯Q&A -

下の右側の奥から2番目の歯が虫歯になってしまいました。

ご相談内容
歯に関しては小さい時から非常に気を使っていて今まで一回も虫歯がありませんでした。
しかし昨日とうとう下の右側の奥から2番目の歯が虫歯になってしまいました。
初期段階で痛みも全くないし、黒くなっている部分も本当に少ししかありません。
そういう状態で治すことは可能でしょうか?なんとしても歯の上に銀のカバーをつけるのは避けたいです。
歯医者に行ったら何をされるのでしょうか?
それからいつも思うのですが、眠くなったり、寝た後に歯がかゆいよう名感じがするのですがどうしてでしょうか?
教えて下さい。おねがいします。
愛知県 男性 20代 学生


ご相談のメールありがとうございます。
非常に気を使っていたにもかかわらず、とうとう虫歯になってしまい、さぞ残念な思いでしょう。
虫歯の治療方法はいくつもありますが、基本的な考えを決めてはじめなければ後悔します。
まず、それを説明しましょう。
目的をご自分ではっきりと決め、治療前にご自分から話さなければなりません。
例えば、「黒いから嫌、白くなれば良い。早く終わりにしたい。」とか、です。
[歯の治療の目的]
・ 虫歯の穴、の後始末という、病気の治療だけが目的 (早い・簡単・楽で・安いが、病気や治療のくりかえしは、仕方がないと妥協する)
・ 痛みを止めたり、穴を埋めることと同時に、一生歯を残すためとか、気持ちを含めた心身全体の健康のために治療する、ということがむしろより大きな目的 (嫌なことはもう一生終わりにできたほうがうれしい 
しかし大変)
・ であれば、極端に言えばどんな治療でも良いのです。
どうせ、削り、神経や歯を抜くことをまた一生繰り返すのだし、回りの中高年の方たちのようにだんだん歯が無くなり、いずれ入れ歯になると諦めれば早くて、簡単で楽です。
・ であれば、簡単な治療に見えてもたった一度の治療で取り返しがつきません。一つとしておろそかにできませんから、一生歯や心身全体の健康を残す原則を懸命に守り続けなければなりません。
その大切な原則は、たった二つです。
[一生歯を残す原則]
[口だけでなく、心身全体の健康を守る原則]
・.削らない
・.(その歯の神経や、口全体で一本も奥歯を) 抜かない
しかし、これを一生守りきることは大変難しく、特に皆様がお一人で努力しても全く効果がありません。
総入れ歯の方たちも、一生懸命歯を磨いて、従来の歯科検診を受け、治療にも通っていらっしゃったのですから・・。
このようなごくごく基本的なことは常識なのです。
もし・を目標とする場合は、我々もとても大変で必死です。
まずその虫歯が穴になっているかどうか、できるだけ削らずに進行を止められないかどうかを調べます。
次に黒い色がご自分で気になるかどうかを我々は聞きます。
虫歯の進行は止められても黒い色は元には戻りませんから、白くするために黒い部分だけを小さく削り、つまり健康な部分を削り過ぎないように注意しながら治療することになります。
その場合も、ご希望があれば画期的な予防診療をして、虫歯の穴をできるだけ小さく縮めてから詰めます。
そうすれば、歯の量をできるだけ削らずにすみます。
健康な部分が多く残れば、それだけ一生の間、やり直しが少なくなりますので、回数もできるだけ削らないですみます。
一見、同じ治療をしているように皆様の眼には写り区別は難しいと思いますが、その結果が正反対になるように、初めから目標と治療内容は全く違うといっていいのです。
しかし、両方とも一長一短ですから、今のお気持ちでご自由に選んでください。
もちろんあとで気が変わってもいいのです。
ご自分のことですから誰にも気兼ねは要りません。
歯医者に行ったら何をされるのでしょうか?
今まで説明したとおりの、知識とご自分の気持ちの整理がついてないと、お任せ治療になり、多くの歯科医院ではすぐに削り、銀のカバーになることも少なくないようです。
それからいつも思うのですが、眠くなったり、寝た後に歯がかゆいよう名感じがするのですがどうしてでしょうか?
歯周病があるかもしれません。その検査を受けることをお勧めします。
最後に、歯科医療は二つあり、やはり選択しなければならないことを知っておくと得します。
1.痛くなったり、穴が開いてから、治療に通う。結局一生繰り返し削り・抜きに通う。
2.痛くなく、穴も開いてないのに、一生、削らない・抜かないために通う。
或いは、きれいにしたり、白くしたり、楽しく、わくわくするため、一生きれいで楽チンをするために通う。
国際ビル歯科 相良俊男

歯科相談Q&A TOP >>